カテゴリ:●国際交流( 3 )

 

インド・ 国会議員との交流会

 
 ●女性・子ども発達省 レヌーカ チョウドリー大臣との交流会b0150055_2374686.jpg
    =レヌーカ チョードリー大臣のお話=
 「インドは広い国だから、いろんな問題があります
  未来のために、女性に子どもをどんどん産んで
  もらわないと困るので、女性のためにいろんなこと
  してあげたいと思ってます
  教育、子育て援助、その他いろいろあります
  お母さんになったら、子どもを産んで、預けて働く
  ことが出来るように、各建物に子ども預かり所を
  作ってます
   女性・子ども発達省は未来のために必要です
   女性の問題を解決するために、男性にも会議に
   入ってもらい、男性に協力してもらってます」
      「これから世界中とコンタクトとって、皆で戦争しない国作りに励みましょう」                        
      [私達は両国の姉妹、痛みも喜びも分かち合い、私達は一緒に世界を変えられる 
      日本で桜のように咲いて下さい  さよならは言わない」 
           
      *女性・子ども省に人生を賭けて頑張っていらっしゃる大臣のお姿に
       なぜかとても謙虚な姿勢を感じました  感動しました
  

 ●上院議員副議長のヘプチューラ女史との交流会
b0150055_7253111.jpg 
   =ヘプチューラ女史のお話=
 「チーム ピース チャレンジャーの皆さんが、環境
  子ども.女性のために、活動されていて
  とてもうれしいです 
  世界の中でも、日本は広島原爆、長崎原爆の
  体験をしているので、平和に対する考え方が
  素晴らしい 私も手伝うことがあったら
  何でもしますので言ってきて下さい」
  「今度来る時は、私の家に泊まって下さい」
 
     *満面の笑みで迎えて下さり、私達の活動に、涙を流して喜んでくれました
      家族のように接して下さるお姿に、とても感心しました

 ●コングレス党上院議員副院内幹事プリーマカリアッパ女史
b0150055_2394235.jpg
    =カリアッパ女史のお話=
 「私はとても忙しいけれど、あなた達を待ってました
  インドと日本は比べられないほど、技術的に
  差があります
  日本はアジアのリーダーです  
  日本の政府に、女性が少ないのはなぜですか
  日本は女性が大切な役割りを持ったら
  もっと良くなります
  インドでは、子どもを産んだ女性に
  3か月間給料をあげて休んでもらい会社に行き始めたら
会社は子どものお世話する人を雇います
  政府の中には、33%女性のための女性だけが入れる組織があります 
  女性を増やすためです」

    「私が日本に行った時、子どもを連れてる大人がいませんでしたインドは社会的にも
    子どもがいないとダメだから、自分が産んで、子どもを育てようと思う意識が強いんです
    チーム ピース チャレンジャーさん、頑張ってください」
        
   *貧困・食・教育・女性の子育て支援に取り組んでいるカリアッパ女史は
    地域活動している時に、政府から政治家になるように 誘われた人だけあって
    すごい活動家でした
    女性の持つやさしさとパワーを感じました  勉強になりました
[PR]

by challengerhse1216 | 2008-07-26 09:00 | ●国際交流  

バングラデシュ・国会議員との交流会


  ●女性・子ども省・初等教育省のラシェダ チョウドリー大臣との交流会
b0150055_23155162.jpg

   =チョウドリー大臣のお話=
 「チーム ピース チャレンジャーの活動には心があります そしてあなた方は女性です
  私も女性だし、お互いに女性同士で、たとえ外国人でも解り合えます
  そして、あなた達チームはpeace、だから会いたいと思ったんです 
  私はアジア人なのでアジアに感謝があります バングラデシュもこれから良くなって
  いかなければいけないので、日本に助けてもらう事もあります
  私は政府の仕事をしているからこそ、日本と仲良くして頑張っていかなければ
  いけないと思ってます 」

 「これからの時代は助け合いが大事になってきます
  チーム ピース チャレンジャーの思いは平和・・そして女性である事が私と同じです
  私はアジア人.同じ気持ちです これから一緒に頑張っていきましょう」

 *チョウドリー大臣のマグカップに[子ども達・みんなのために]と書かれてました
  気品と教養を感じる女性でした 私達に自らコーヒーを入れて下さいました


 
 
[PR]

by challengerhse1216 | 2008-07-26 08:00 | ●国際交流  

タイ・元国会議員との交流会

 ●元上院議員・プラティーブ ウンソンタム女史
b0150055_751092.jpg

  タイ社会の底辺、草の根部分に関心を向けて、貧しい人、子ども、女性に
  公平な社会の樹立を目指し、上院議員として、活動していました
  
  バンコク最大のスラム生まれた女史は、貧困からの脱却として
  教育に目覚めました
  働きながら夜学の師範学校で学びました
  16歳の時に[1バーツ学校]を開き、スラムでの教育活動が評価されて
  アジアのノーベル賞と言われる マグサイサイ賞を受賞しました
  その時の賞金2万ドルで ドウアン・プラティーブ財団を設立しました
  
  どんな子どもにも未来があります その子ども達の未来のために
  [生き直しの学校]を開校しました

    =プラティーブ女史のお話=
  「日本から来て下さり感謝してます 世界ではいろいろな事が起きています
  私はタイ国民のために命を賭けて頑張ってます
  世界のため、自国のため、共に進んでまいりましょう」

  *小柄な女性に信の強さを感じました
   目的がしっかりしてらっしゃると思いました 想いは必ず形になると感じました
   クロントイ・スラムの人々で日本円500万円の義損金が、日本の
   阪神大震災を受けた神戸に送られた事は、本当に素晴らしい
   プラティーブ女史の日頃の姿勢を感じます


 ●元社会労働大臣兼首相府長官 パウィーナー女史
b0150055_702181.jpg

  大学卒業後、銀行に勤務している時、声がかかり国会議員になり
  議員として活躍している時、政府の矛盾に気付く
  タイ国内の社会的弱者に対して、政府が関与しない在り方に矛盾を感じて
  立ち上がったパウィーナー女史です
  家庭内暴力被害者やホームレス問題に、自分の身の危険を顧みず
  どこまでも、たとえ夜中であろうとも、どんな相手であろうとも、ひとりひとりを
  助けている方です 救済は24時間体制です
  政府にまかせる事なく、女史は無償で救済する財団を立ち上げました

    =パウィーナー女史のお話=
  「私達は日本に大変お世話になっています
  ここまで来て下さった事に、まず感謝します
  私がやっている事は、政府も誰もやっていない事です 誰かが助けなければ
  いつまでも解決しません ひとりひとりを守って問題の解決に向かって
  行きたいと考えてますので、よろしくお願いします」
b0150055_146851.jpg
 *透通るお肌の持ち主で1949年生まれの59歳
   気品に満ち溢れた姿からは、想像できないほど、
   芯の強い女性です
   どの子もわが子と思い接していらっしゃいます
   
[PR]

by challengerhse1216 | 2008-07-26 07:00 | ●国際交流  

_____________
1人でも多くの方に見て頂きたくてブログランキングに参加しています。
下のボタンをクリックしていただければ幸いです
ブログランキング・にほんブログ村へ
自然・環境ブログ
_____________
= 平和は人類の願い = - ローンまとめて価格サイト