タイの旅 = スラム街 = 財団 =


   [プラティーブ財団]
b0150055_611552.jpg
b0150055_0233117.jpg

 


   プラティーブ財団
  創設者 ドウアン・ プラティーブさんは、スラム街で生まれました
  彼女は一生懸命勉強し、16歳の時に自分の部屋で、スラムの子ども達の為に
  1日1バーツ学校を始めました
  26歳の時に、アジアのノーベル賞であるラモン・マグサイサイ賞を受賞し、賞金で
  スラムの中に、プラティーブ財団を設立しました
 
  スラム街の中に学校、幼稚園を作ってます
  スラムからの脱出は、教育だといわれるプラティーブさんは
  カンチャナブリ県に「生き直しの学校」を作ってます

     (日本で起きた阪神大震災の時に、このスラム街の方々は、6万人全員が
      食事を減らして、日本円で500万円を寄付して下さいました)

   
 
   [パウィーナー財団]
b0150055_1785181.jpg

b0150055_10384884.jpg

 


     パウィーナー財団
  銀行員から推薦を受けて、国会議員になられたパウィーナー女史は
  社会労働大臣兼首相府長官を経て、国内の社会的弱者を無償で
  救済するために財団を立ち上げました
  国内における家庭内暴力、ホームレス、貧困者等問題に
  自らかけつけて対応、救済しています
[PR]

by challengerhse1216 | 2008-07-27 10:00 | ●海外セミナー・タイ  

<< インド報告・交流会 インドの旅 = マザーハウス = >>

_____________
1人でも多くの方に見て頂きたくてブログランキングに参加しています。
下のボタンをクリックしていただければ幸いです
ブログランキング・にほんブログ村へ
自然・環境ブログ
_____________
= 平和は人類の願い = - ローンまとめて価格サイト